飯田橋ITセミナー アーカイブ

SEMINAR ARCHIVE

飯田橋 ITセミナー アーカイブ


こちらに掲載のセミナーは過去に開催されたものです


1.「ハッカーの思考を解読する − Nuixブラックレポート2018」

      講師:Nuix Japan 日本代表 長谷 一生

プロのハッカーに対して行なわれるNuix社のハッカー調査は注目すべき内容となっています。それは、セキュリティ担当者の思い込みや実際のハッカーの思考を明らかにするものです。
一般のセキュリティ調査ではベンダーや顧客視点からのサイバーセキュリティ状況を調べていますが、Nuixの調査はハッカーに対してアンケートを行って調査をしています。

Nuixブラックレポートには他では見られない以下のようなデータが掲載されています。

  •  ハッカーがネットワークへ侵入するのにかかる時間
  •  最もハッキングしやすい業界
  •  攻撃者が最も打ち破りにくい防御メカニズム

組織がサイバーセキュリティ戦略を立てるとき、IT・法務・リスク管理・人事などの部門が協力して対応していると思いますが、おそらく組織の重大なデータを盗もうと企んでいる人たちをその席には招いていないでしょう。Nuixブラックレポートはこの攻撃者の視点を提供するものです。

2.「コミュニケーションロボット『NAO』導入事例のご紹介」

      講師:日本サード・パーティ株式会社 営業統括企画本部 ロボティクスAI担当 セールスマネージャ 須佐 亮太

ソフトバンクロボティクス社製「NAO」は、教育ソリューションとして活用されることも多いロボットです。当セッションではロボット介護導入促進事業での成果や銀行での受付システム、病院導入、展示会での活用などをご紹介します。
当日は複数台のNAOをお持ちします。質疑応答の時間では、実際のロボットに触れたり、デモをご覧いただけます。


1.「RPAよりも簡単な『Jedox』による業務改善」

      講師:株式会社シェアビジョン 代表取締役 須佐 秀雄

RPA(Robotic Process Automation=ロボットによる業務自動化)よりも簡単で導入効果も上げやすいアプローチとして注目を集めているExcel+分野の代表的な製品、Jedoxについて概要を解説いたします。

2.「AI連携を活用し企業のプラニングを改革する」

      講師:Jedox Pty Ltd, Director of Sales Asia Brendan Fraher

全ての外部のデータベースに繋がり、AIを活用して予算計画のプロセスを画期的に改善するToolの紹介とデモによる解説を行います。主に英語でのプレゼンテーションですが、通訳いたします。

3.「新製品『DocPlug』によるリモート環境でのファイルサーバの利用について」

      講師:エリアビイジャパン株式会社 営業本部 百瀬 哲

新製品「DocPlug」によって、リモート環境からでもエクスプローラーで同一ロケーションと同じようにファイルサーバを利用することができます。ファイルサーバの共有は情報共有でも最も重要な要素の一つですが、多くの企業様において従来の働き方の改善が可能となると考えます。当日は、製品説明とそのデモンストレーションをさせていただきます。


1.「クラウドとAIがもたらす働き方改革とASPICの活動について」

      講師:NPO法人ASPIC(アスピック) 執行役員 日高 昇治

ASPICはクラウドの普及のために15年以上に渡って活動し、現在はクラウドサービスの認定対応も行うようになりました。今回のセミナーでは最新のクラウドやAIの働き方改革への影響と、関係各省の動向を解説します。

2.「緊急レポート:コインチェック社の不正送金事件、何が起きたのか」

      講師:エリアビイジャパン株式会社 情報処理安全確保支援士 池田 貴志

1月27日に明らかにされたコインチェック社の不正送金事件はニュースでも大きく取り上げられ、みなさんの関心も高いのではないかと思います。ここでは、この事件とはどのようなものだったのかを仮想通貨の仕組みについて少し掘り下げて解説し、今後の動向や、クラウドサービスを利用した仮想通貨取引について、利用者の側から防御する方法はないのかについて考察します。


1.「CDMが起こすバックアップ投資額の削減とRTO短縮効果」

      講師:ノックス株式会社 エンタープライズ・バックアップ・コンサルタント 帆山 岳

CDM技術の仕組みと、そのコスト削減効果等を概説していただきます。(代表的ソフトウェア、各種EMC製品、Rubric等)

2.「バックアップ投資とクラウド・バックアップという選択肢」

      講師:株式会社モザイク 高橋 立広

バックアップの分野は多岐にわたっています。大容量化やコンプライアンス強化など運用の複雑化、長時間化など現場での対応は困難さが増す一方です。そのような中、注目を浴びている「クラウド・バックアップ」という選択肢を含め解説させていただきます。

3.「猛威をふるうランサムウェアの対策に有効なSWANBackupの導入効果」

      講師:エリアビイジャパン株式会社 代表取締役 鈴木 一成

「簡単・安心・低価格」世界No.1実績のビジネス向けクラウドバックアップソリューション「SWANBackup」について機能や実例、導入メリット等を解説させていただきます。


1.「働き方改革、テレワークのメリットと対策について」

      講師:株式会社モザイク 高橋 立広

働き方改革とは何なのか、その概要を解説します。働き方改革にはどのようなメリットとリスクが存在するのかをご説明すると同時に、セキュリティリスクや諸外国の情報を解説します。

2.「SWANStorシリーズで始める簡単でセキュアなテレワーク環境」

      講師:エリアビイジャパン株式会社 代表取締役 鈴木 一成

国内700社以上・数万人の利用者を誇るSWANStorを利用することにより、リモートオフィスや勤務形態の改善など『働き方改革』を進める上で大きな効果が期待できます。セキュリティを保ちつつ、運用も容易なクラウドベースの当ソリューションについて解説します。

3.「情報の拡散を能動的に制御する『デジタルライツ管理』の重要性」

      講師:株式会社モザイク 代表取締役 平山 一憲

在宅勤務時の情報管理には暗号化が有効な手段ですが、たとえ暗号化されたファイルであっても、解凍されたその先でどのように拡散されるのかはコントロールすることができません。ここではその対策に有効な『デジタルライツ管理』ソリューションをご紹介します。


1.「2017年上半期のセキュリティ事例のまとめと情報漏洩ケーススタディ」

      講師:エリアビイジャパン株式会社 情報安全確保支援士 池田 貴志

2.「情報の拡散を能動的に制御する『デジタルライツ管理』の重要性」

      講師:株式会社モザイク 代表取締役 平山 一憲

3.「情報漏洩の最終対策、完全なデータ消去とデータ破壊」

      講師:アドバンスデザイン株式会社


1.「東京五輪とテレワークのIT部門への影響の考察」 〜セキュリティ対策と働き方改革の求めるものと必要な対策〜

      講師:株式会社モザイク 高橋 立広

2.「働き方改革を支援するファイルサーバ環境のあり方」

      講師:株式会社鉄飛テクノロジー 代表取締役 岡田 国一

3.「SWANStorシリーズで始める簡単でセキュアなテレワーク環境」

      講師:エリアビイジャパン株式会社 代表取締役 鈴木 一成


1.「クラウド・バックアップの衝撃」 〜バックアップ投資と運用はここまでスリム化できる〜

      講師:株式会社モザイク 高橋 立広

2.「猛威をふるうランサムウェアの対策に有効なSWANBackupの導入効果」 〜導入・運用・機能の概要について〜

      講師:エリアビイジャパン株式会社 代表取締役 鈴木 一成