Notesに蓄積されたデータを
無駄にしないという選択
− Interactive Library for Notes −

データをもっと活用したい方はこちら

面倒な設定や操作を行わずに
大切な知的財産を保護
− S-Cop Security −

知的財産の不正利用を防止したい方はこちら

Webやカタログ・動画制作など
一緒に考えるブレーンが欲しい
− Marketing Services −

現状に満足していない方はこちら

社外から社内ネットワークに
セキュアにアクセスしたい
− SWANStor −

安全にアクセスしたい方はこちら

電子メールの誤送信による
情報漏洩を防止したい
− MAILSCREEN −

電子メールの誤送信を解決したい方はこちら
MOSAIQUE = ソフトウェア開発 × マーケティング

株式会社モザイクは、「ソフトウェア開発事業」と「マーケティング事業」の2つの事業を手掛ける企業です。「ソフトウェア開発事業」は、Lotus Notesに蓄積されたデータをさまざまなアプリケーションで簡単に活用するためのツールをはじめ、簡単・安全な情報利用を実現するための製品の開発・販売を、また「マーケティング事業」は、会社の顔とも言うべきWebやカタログ等のデザイン制作をはじめ、動画制作や中国語翻訳等のサービスを行っています。


Notesに蓄積されたデータをもっと自由に活用したい

Interactive Library for Notes

Lotus Notesに蓄積されたデータをさまざまなアプリケーションで活用するための汎用ライブラリ

Interactive Library for Notes

Interactive Library for Notesは、Lotus Notesに蓄積されたデータをさまざまなアプリケーションで活用するための汎用ライブラリです。特定の製品・ベンダーに依存せず、アプリケーションの場所やOS、実行環境等を意識する必要​がないため、お客​様は各々の利用シーンに応じて.net / Java / Webの各ア​プリケーションからLotus Notesのデータを自由に活用することができます。Ver.3では新たにLotus NotesのデータをRDBに移行・同期することができる「RDB Adapter」の提供を開始しました(オプション)。

Notesに蓄積されたデータをもっと活用したい方はこちら

送信したファイルを勝手に利用されたくない

S-Cop Security

面倒な設定や操作を行わずに情報流出や不正使用を防止する知的財産保護ソリューション

S-Cop Security

紙のように誰でも簡単に使うことができ、それでいて強固なセキュリティを実現する。面倒な設定や新たなツールをインストールする必要もなく知的財産の不正利用をしっかり防止する。それが「S-Copシリーズ」です。
株式会社マイクロフォーサムが独自に開発した純国産DRM(=Digital Rights Management:電子著作権管理)技術である「S-Copマジックペーパー」をベースに、文書管理システム・電子メール・USBメモリーなど、さまざまなソリューションをご用意しています。

知的財産の拡散と不正利用を防止したい方はこちら

社外から社内ネットワークにセキュアにアクセスしたい

SWANStor

社内業務サービスにアクセスする際に必要となるセキュリティ機能を提供するセキュアリモートアクセスプラットフォーム

SWANStor

SWANStorは、社内業務サービスにアクセスする際に必要となる様々なセキュリティ機能を提供する、セキュアリモートアクセスプラットフォームです。
導入に際してはネットワークの知識は必要なく、またネットワークの設定を変更する事なく、社内ネットワークにSWANStorを導入するだけで、安全なリモートアクセス環境が実現します。
SWANStorはさまざまなデバイス、アプリケーションに対応する汎用性を持ち、販売開始より15年間で700社、28,000本以上の出荷実績を持ちます。

安全なリモートアクセス環境を構築したい方はこちら

サイトやサーバーへのあらゆるサイバー攻撃を遮断したい

攻撃遮断くん

月額わずか10,000円〜で始められる、あらゆるサイバー攻撃を遮断するセキュリティサービス

攻撃遮断くん

攻撃遮断くんは、サーバーやWebアプリケーションへのあらゆるサイバー攻撃を遮断するセキュリティサービスです。 攻撃遮断くんを導入することによってサイバー攻撃を可視化→検知した攻撃を即座に遮断することでサーバーダウンを防ぎます。費用は月額わずか10,000円〜、しかもすぐに導入できて(最短翌営業日)、管理者もメンテナンスも不要。24時間365日の安心稼働が実現します。
導入前にサイバー攻撃を可視化する無料サービス「攻撃見えるくん」をご利用いただけます。

サイバー攻撃対策を検討されている方はこちら(※他社サイトにジャンプします)

迷惑メールやウィルスメールを遮断したい

SPAMSNIPER

スパムメール / ウィルスメール対策と誤送信対策が1つになった、統合メールソリューション

SPAMSNIPER

SPAMSNIPERは迷惑メールやウィルスメールの遮断をはじめ外部からのメールサーバーへの攻撃遮断、誤送信防止・暗号化まで可能とした統合メールソリューションです。一般的なサービスと違い、SPAMSNIPERはユーザー数の増加によって追加料金が発生しないため、コストパフォーマンスに優れています。
SPAMSNIPERは導入企業様がご利用されることはもちろん、ISP事業者様がSPAMSNIPERを利用してスパムメール / ウィルスメール対策を自社のサービスとして提供することも可能です。

スパムメール / ウィルスメール対策でお困りの方はこちら

電子メールの誤送信による情報漏洩を防止したい

MAILSCREEN

電子メールの誤送信による情報漏洩問題を解決するオールインワンソリューション

MAILSCREEN

MAILSCREENは電子メールの誤送信による情報漏洩を防ぐために必要なさまざまな機能を装備。誤送信防止機能、添付ファイル対策、履歴管理や送信メールのアーカイブ機能により万一の情報漏洩機能に備えることができます。
面倒な操作は一切不要。いつも通りファイルを添付するだけで自動的にZIP暗号化します。同時にパスワードも自動生成して配信しますので、煩雑な作業から解放され、いつでも安心してメールを送信することができます。

電子メールの誤送信問題を解決したい方はこちら
Interactive Library
for Notes

Lotus Notesに蓄積されたデータをさまざまなアプリケーションで活用するための汎用ライブラリ

Agile
Base

ゆらぎのあるデータを標準化し、本格的なシステム開発を可能とするデータ顕在化ツール

S-Cop
Security

面倒な設定や操作を行わずに情報流出や不正使用を防止する知的財産保護ソリューション

Marketing
Services

Webやカタログ・動画制作をはじめとしたマーケティング関連作業を経験豊富なブレーンがお手伝い

  • Interactive Library for Notes 導入事例 ―スマートインサイト株式会社様―

    スマートインサイト株式会社は、新たな次元の戦略的な情報活用を支援するサーチアプリケーション「SMART InSight」でNotesDBを検索対象にしたいという要望に応えるために、Interactive Library for Notesを採用しました。
    なぜInteractive Library for Notesを選んだのか、その理由と効果を、リサーチ&デザイングループ ゼネラルマネージャー 池内誠 氏、プロダクトマネジメントグループ ゼネラルマネージャー 中川敏明 氏、マーケティンググループ 溝端直記 氏に伺いました。

  • Interactive Library for Notes 導入事例 ―スマートインサイト株式会社様―

    SMART InSightに組み込む際には、ある程度「自由度」が必要です。モザイクのInteractive Library for Notesは特定の製品に依存しない汎用のライブラリなので自由がきき、SMART InSightに都合の良い形でNotesのデータを提供してくれます。またライブラリ単体の製品なので、価格も安い。他社のEAIツールは当社にとって不要な部分もパッケージとして提供されていたことから価格が折り合わず、またSMART InSightが取り込みたい項目を全て抽出できませんでした

  • Interactive Library for Notes 導入事例 ―スマートインサイト株式会社様―

    NotesDBを使用しているお客様によく聞かれる事として、「ACL(アクセス制御リスト)」や「ロールへの対応」があります。NotesODBC等では対応できないそれらの情報も、Interactive Library for Notesならきちんと取得できる。特にロールに関してはそんなに件数が多いわけではないけれど、それがキーになる案件では「SMART InSightはロールの情報も取得できます」と言うことができる。これは大きなアドバンテージになります。

なぜ Interactive Library for Notes は選ばれたのか。その理由とは…